fc2ブログ

記事一覧

セヴァンの地球のなおし方

92年の地球サミットで伝説のスピーチを行った少女、セヴァン・スズキの現在と
日本とフランスで環境を守る人々の姿を追う、『未来の食卓』続編!






監督:ジャン=ポール・ジョー
出演:セヴァン・スズキ、古野隆雄、バルジャック村の人々、ほか
2010年/フランス/HD/カラー/16:9/115分/ドルビーSR
配給:アップリンク
6月25日(土)、東京都写真美術館ホール、渋谷アップリンクほか全国順次公開
(全国劇場案内 スケジュール有)

「どうやってなおすかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください」。1992年、リオデジャネイロで開催された地球サミットで、12歳の少女、セヴァン・スズキは大人たちに環境破壊を止めるよう訴えかけた。その伝説のスピーチから、来年で20年。もうすぐ母親となるセヴァンは「大切なのは生活の質と健康、そして子供。だから私は自己中心的に、自分たちをどう救うかを考えていきたい」と、未来の子どもたちのために発言を続けている。歯止めの効かない環境破壊や相次ぐ原発の事故を受け、多くの人々がこれまでの自らの無関心を省みる中、セヴァンが19年前に抱いた危機感を共有し、行動を起こしてきた人々がいる。ジョー監督は、福岡県で合鴨農法によってオーガニック米を作る古野農場の百姓百作の精神、『未来の食卓』の題材にもなったフランス、バルジャック村近くの原子力発電所の問題や村のその後の様子、コルシカ島のワイン農家、アレナ一家がビオワインに込めた島への思いなどを取材。彼らは地球の悲鳴を肌で感じ、セヴァンと志をひとつにする。
セヴァンが今、世界に伝えたいこと、そして日本とフランスで傷ついた地球と向き合い続ける人々の姿を追ったドキュメンタリー。(フランス映画祭2011HPより転載)

 

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント