fc2ブログ

記事一覧

地下都市で核爆発?

 
8月23日にアメリカ東部で起きたM5.8の地震ですが、殆ど地震が起きない場所で起こったことと、
震源がわずか地下1キロだったと知った時、違和感を覚えました。
 
浅すぎる震源は、人工地震の可能性が高いからです。
そしたら、こんな記事を見つけました。
 

謎の奇妙な音の原因が判明!?:MJ12-NWOの地下基地が2発の核攻撃を受けた!

*MJ12(MJトゥエルブ)とは影の世界政府、ルシフェリアン(悪魔を崇拝する一派)の中の1グループです。
  ルシフェリアンの中には主に、血統を重んじる一派と実力主義を主張する一派(MJ12)との対立が起こって
  いるということです。
  血統主義の代表は、パパブッシュ(彼らは自分たちをソロモン王の末裔としている)です。
  王の血が流れているので、ルシフェリアンの中で特権的地位を得ています。
  それに反発しているのがMJ12です。
  ルシフェリアンの説明は、最下部にあります。
 
*NWOとは、New World Order(新世界秩序)のこと。
  1990年9月11日に、ブッシュ大統領(パパブッシュ)が初めて、コロラド州のアスペン研究所という
  場所で布告した。国境を越え、世界共通の価値目標と制度をもつこと。要するにグローバリズム。
  因みに、世界貿易センターの事故は、2001年9月11日、ちょうど11年後。時の大統領はブッシュ(息子)。
  
 
私も世界中には巨大な地下都市が建設されていることを色々な本やサイトで
知ってはいました。「地下都市」で検索すればたくさん出てきます。
日本でも東京地下都市とかディズニーランドの地下とか・・・・。
第3次世界大戦を引き起こす計画をもつ影の世界政府が、地下都市を用意するのは当然のことです。
第3次世界大戦は核戦争だからです。核戦争を起こすことでハルマゲドンを人工的に起こす計画ですが、
自分たちや選ばれた人間たちは、その後しばらく地上がクリーンになるまで、地下都市で暮らす計画なの
でしょう。
こんなものを、莫大なお金と時間をかけて作り上げる異常さに呆れかえります。
これだけのお金を、どうして世界中の人々全員が幸福になるために使えないのかと思いますが、
彼らにはそのような発想はないようです。
 
そのアメリカの地下都市が、8月22日に核攻撃をしかけられたという内容です。場所はヴァージニア州。
核爆発したのなら、放射能が検出されるはずです。
そこで、ヴァージニア州の原発2基が止まり、うち1基がベント(水蒸気排出)をしたという記事を
思い出しました。仮に放射能が検出されても、ベントの影響だとすればごまかすことができる。
 
では、誰が?一体何のために?
勝手な推測ですが、ハルマゲドンを何がなんでも起こしたいグループと、それを阻止しようとするグループの
攻防のような気がします。元は同じ穴のムジナなのかもしれません。内部分裂ということもあり得ます。
とにかく、私たちに知らされないところで、私たちの生命や人生に関わることが行われていることは事実です。
 
ところで、8月17日にはこんな記事も掲載されていました。

世界中で聞こえる「奇妙な音」とは??:何やらだれかが地下で作業中か?

これは、ロシア、カナダ、日本での話のようです。
そういえば、少し前に、世界中で突然、川の水が消えたとか、土地が陥没したという記事を立て続けに掲載しているサイトがありました。
 
 
 
 
 
 
 
中には地下都市とは全く関係のないものも、当然あるでしょうが、世界中で起きている似たような現象、全くの偶然とは思えません。一体私たちの足元では何が起きているのでしょうか?
 
いずれにしても、もし本当に、地下都市が破壊されているとしたら、
これは喜びべきことなのかもしれません。逃げる場所が無くなれば、2012年12月にハルマゲドンを
起こそうとしている人たちの計画が延期されるか、完全に潰れるということなのですから。
 


ルシフェリアンについて
ベンジャミン・フルフォード氏の著書より、以下の部分を抜粋させていただきました。
「勃発!第3次世界大戦」(KKベストセラーズ)
 
 
1945年、エジプトのナグ・ハマディ村付近で見つかった、古代キリスト教の写本、通称「ナグ・ハマディ文書」
には、こう記してある。「この世界を作ったのは悪である。ゆえに神は偽の神で、悪魔なのである。」
このナグ・ハマディ文書から神秘主義「グノーシス派」が生れる。
悪が作り出した世界なのだから、神がいるとすれば、それは悪魔であり、悪をなすことは神=悪の意に沿う
ことなのだとしている。このグノーシス派の理論を悪用した中からイルミナティが生まれる。都合よく受け入れて来たのが、私のいう悪魔教徒たちというわけだ。
*悪魔教徒=ルシフェリアン
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント