fc2ブログ

記事一覧

瓦礫焼却で放射能再拡散

1号機に鉄骨製テントをかぶせても意味がない。
日本中に放射能瓦礫をばらまいて、焼却処分しようとしているのだから。
 
因みにこの転載記事の標題の、硫黄臭の原因については、
青潮(硫化水素臭)、ヘドロ説などがり、不明です。
 
私がこの記事を転載することで皆さんに知らせたいのは、瓦礫を日本中にばらまき燃やすことの恐ろしさです。

アラフォーママの日記より抜粋して転載


 
 
 
 
 
フェアウィンズ・アソシエーツ、アーニー・ガンダーセンです。

前回のビデオの後で、いくつか新たな情報がありましたので、それをみなさんにご報告したく思います。

まず最初は、「ロシア・トゥデイ」でコメントが放送され、
いくつかのブログでも話題になった話で、
福島第一原発の敷地に亀裂ができてそこから煙や蒸気が出ている可能性についてです。

その原因として、原子炉の核燃料がメルトスルーして格納容器から出て、
地下水に接触したからではないかといわれています。

私は「ロシア・トゥデイ」からコメントを求められましたが断りました。
それを肯定するにせよ否定するにせよ、信頼できる技術的なデータが不十分であり、
その様な状況になっている可能性はありますが、
結論を出せるだけの技術的なデータがまだないと思いました。

ただ興味深いのは、地面から水蒸気が噴出すという衝撃的な話の陰に、
もっと更に重要な問題が隠れてしまったことです。
その問題の方は、裏づけを取ろうと思えばできるでしょう。

まず一つ目は、先週カリフォルニアから届いた別の報告です。

研究者グループが大気中で放射性硫黄35を検出しました。
3月に検出され、福島の事故発生から2週間後です。


報道は、硫黄35が、カリフォルニアで検出されたことに重点を置きましたが、
この報告書には、報道がニュースにしなかったはるかに重要なことが含まれています。
それは【硫黄35がどのように生まれたか?】なのです。


福島原発に話を戻しましょう。
海水に中性子がぶつかると硫黄ができます。
海水中のナトリウム原子核に中性子がぶつかると、別の原子”硫黄”に変わります。
これが硫黄がつくられるメカニズムです。


しかし、報告書によれば、カリフォルニアで検出された量の硫黄をつくるには、
一平方メートル当たり/4000億個の中性子が必要です。

これは膨大な数の中性子です。
誰もその中性子はどこから来たのか聞きませんでした。

このカリフォルニアの報告書は、私が4月3日にビデオ報告した内容を立証するものだと思います。
そこには、福島の原子炉が完全には停止していないと思わせる証拠が十分にありました。

思い出してください。
津波が襲ったとき、原子炉は1時間停止していました。
制御棒が原子炉に挿入され、あらゆる臨界反応を停止させたのです。
しかしながら、その後再臨界が起きたようです。
カリフォルニアの新データが、私の4月のビデオ報告を立証していると思います。
原子炉停止の後で、再臨界が継続していたのです。

次に、重要な出来事が2週間ほど前にありました。

米国原子力規制委員会の会議が開かれ、NRCスタッフが理事たちに福島の状況を説明しました。
その議事録へのリンクを、このビデオのページに出しました。

NRCスタッフが語る最初の60ページでは、福島第一原発燃料プールにあまり問題がないとされています。
その会議には電話での参加者があり、とても重要な質問をしました。
これからそれを読み上げます。

質問者はシャディス氏、ニューイングランド・コアリション(原発の安全性を研究する米国NPO)の方です。
こう発言しました。

「保管プールの核燃料が損傷していないという発言を聞き驚いています。
 報道によれば、1cmを超える核燃料破片が保管プールから1マイル(約1.6km)以上離れたところで
 見つかっています。
 これが最初の質問です。
 この食い違いを説明してもらえますか?」(by Mr.shadis)

シャディス氏が示しているのは、核燃料保管プールが無傷なら、
プルトニウムが1.2マイル(約1.6km~3.2km)離れたところから見つかったのは
どのようにして起こったか?なのです。

原子力規制委員会のこの回答は、控えめに言っても気がかりなものでした。

グローブ氏の発言として、議事録の61ページにこうあります。
「発見データが報じられている破片のほとんどは、複数の原子炉から来たものです。」(by Mr.Grove)

2ページ後の63ページで、ホラハン氏がこう発言しています。
「敷地内の様々な形状で散乱している放射性物質がどこから来たのかは、
 複数の燃料保管プールよりも複数の原子炉から発生していると思われます」(by Mr.Hoahan)

私の考えでは、保管プール核燃料がプルトニウムを放出したとする仮説よりも
これはより問題が大きいのです。

私の4月26日のビデオ報告を思い出してください。
3号機の保管プール核燃料が「即発臨界」を起こしたのではないか、とお話しました。
それを裏付けるデータもたくさんあります。


原発建屋側面に炎が発生、爆発による噴煙が高く立ち上ったこと。
この爆発により、原発から1.2マイル離れた敷地外にプルトニウムが飛散したと私は仮定しました。

原子力規制委員会が考えているのは、それより深刻な状況です。
原子炉が壊れ、格納容器が壊れ、そこからプルトニウムが敷地外に放出されたというのです。

私にはこの解釈が理解できませんし、率直に言って正しいとは思えません。
やはり私は、核燃料保管プールが、プルトニウム飛散の原因だと信じております。

しかしながら、もし私が間違っていて、核燃料保管プールからでないならば
原子力規制委員会の解釈では、実際ははるかに恐ろしい事態だったのです。

もし原子炉が壊れ、格納容器も壊れてプルトニウムが放出されたのなら、
私たちはアメリカの原子炉の設計を真剣に見直す必要があります。

次に手短にお話したいのは、1号機にかぶせる鉄骨製テントがほぼ完成したことです。
このテントにより多くの問題が解決するわけではありませんが、
2つの問題を解決します。

テントの目的は、原発建屋内の線量を下げることです。
テント内の放射性物質は、どこかに逃がさないといけません。
でなければ、濃度が高まって、致命的なレベルになります。
ですから、放射性物質は排気塔で排気しなければなりません。

これは作業員にとっては良いことで、
放射性物質をもっと高い位置で空中に放出できるからです。

しかし、福島原発の放射性物質放出の問題解決にはなりません。

1号機に鉄骨製テントが覆っても問題は解決しません。
セシウム降下を、敷地から遠ざけるだけです。
作業員にとってセシウム量は重要ですが、地球規模で私たちが浴びるセシウム量が減るのではありません。

この事が、最後の指摘事項に繋がります。
東北日本のセシウム降下は大量です。
日本政府は、放射能汚染瓦礫を焼却許可しようとしています。
キロあたりの放射線濃度が8000ベクレル以下ならばです。

これは1㎏当たり原子核崩壊数が毎秒8000個です。
日本政府はその焼却許可をしようとしています。
アメリカであれば、放射性廃棄物として処分して何千年も地中に埋めなければなりません。


ところが、日本政府は8000ベクレル以下なら焼却許可を与えるというのです。
それだけではなく、もっと当惑させることがあります。
放射能汚染瓦礫を、他の瓦礫と混ぜる許可をしようとしています。

たとえば1つのサンプルが24000ベクレルで、他の2つが未汚染ならば、
全部足して3で割ると8000ベクレル以下になり、焼却許可されます。

これを行えば、深刻な問題が生じます。

まず一つは、福島原発が放出し既に地面に落ちた放射性物質を再び空気中に拡散させることになります。故意に!

福島の周辺市町村の除染が済んだ学校周辺や校庭に、瓦礫の焼却で再びセシウムが降ってきます。

別の地域の放射能の雲が、日本に災いをもたらし、
瓦礫を燃やす地域は、今は汚染がない状態または少ない状態でも
再汚染され線量が高くなるでしょう。


その放射能の雲は、日本だけに留まっているわけではなく、
もちろん太平洋を越えて、太平洋北西部にも届きます。

汚染瓦礫の焼却許可は、まるで福島原発事故の再現です。
地面に落ちた汚染物質をもう一度空気中に舞い上げることです。

また、地面に落ちた放射性物質が川に入り、海に流れているという福島から比較的離れた地域のデータもあります。

福島原発そのものに注目が集まっている間に、実際に今は、
遠く離れた川が汚染され、海が汚染されているのです。

日本は問題を抱えています。厳しい問題です。
その厳しい問題を解決するためには、まず厳しい問題があることを認識しなければいけません。
日本政府が大きな問題を無視し続けるなら、実際は問題を長引かせ、
結果、最初からきちんと対処するより費用が多くかかるでしょう


まず、日本人は問題を認める必要があります。それは深刻であると。
問題解決には、多額の費用がかかることも認めなければいけません。
しかし、問題は解決可能です。
もし、解決すべき深刻な問題があるとの認識から始めれば!

ありがとうございました。
<日本語訳 :junebloke>
(転載終わり)

 
さらに、今日こんなニュースも飛び込んできました。
8000とか10万とか、その場しのぎで決めているとしか思えません。
 
 
 
47NEWSより転載

8千ベクレル超も埋め立て容認 汚染対策や長期管理が条件

 環境省は27日、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8千ベクレル超10万ベクレル以下のがれきや汚泥の焼却灰、ばいじんについて、地下水の汚染防止対策や跡地の利用制限など長期的管理を条件に、埋め立てを認める方針を有識者検討会に示した。
 
 10万ベクレル超についても、セメントで固化した後の濃度が10万ベクレル以下になれば埋め立て可能とした。8千ベクレル以下は住宅地利用しないことを条件に埋め立てを認める方針を既に示している。
 方針によると、地下水の汚染防止対策が取られた管理型最終処分場で埋め立てる。埋め立て場所の下部には厚さ50センチ程度の土壌層を置くとした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント