fc2ブログ

記事一覧

福島作業員の白血病診断が早過ぎる

8月30日に、福島第一原発の作業員が急性白血病で死亡したという報道がありました。
原発での作業が、白血病の原因とは考えられないと言う医師の診断でしたが、
このニュースに違和感を覚えた人も多かったはず。私もその一人です。
ここに紹介するのは、同じように、この報道に疑問を抱いた医師の記事です。
医学的にも、不可解な報道であったようです。
 
 
ブログ院長のひとりごとより転載
 

福島作業員の白血病診断が早過ぎる

福島第1原発:作業員が白血病で死亡 東電が発表
 東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0・5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。
 東電によると、男性は関連会社の作業員で8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。
 体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。【林田七恵】
毎日新聞 2011年8月30日 東京夕刊



福島第1原発作業員の白血病死、作業とは関係なし-東電
 東京電力は30日、同社の福島第1原子力発電所で短期間働いていた40歳台の作業員が急性白血病で亡くなったと発表した。痛ましいことである。だが、このことによって改めて原発作業員の安全への懸念が高まった。
しかし、問題山積の原発を運営する問題山積の東電は、原発での作業と作業員の死に因果関係はないとしている。
この作業員は元請け会社から8月初旬に約1週間、福島第1原発に派遣された。氏名は明らかにされていない。
東電広報部の川又浩生氏は、元請け会社から提出された医師の診断書からすると、作業員が2、3週間前の作業で受けた被ばくによって急性白血病を発症したとは医学的に考えられない、という。作業員の死因について、これ以上の詳細は聞くことができなかった。
 作業員は、福島第1を離れた後で体調を崩し医師の診察を受けた。東電は8月16日に元請会社から死亡の報告を受けた。元請け会社が提出していた福島第1で働き始める以前に行われた健康診断では、健康の問題は全くなかった。
THE WALL STREAT JOURNAL 2011年8月31日
 
 

 そもそも、放射線従事者であれば、勝手に住民票を取り寄せ、死亡届けを合法的に使って、放射線被曝の影響を調査しています。形式的には合意を取っていますが、このような調査をしておきながら、なぜ今回は一切の情報を出さないのでしょう。少なくとも、以前放射線に関係する仕事をしていたかどうかは、簡単に分かるはず。(個々人に全国共通の番号があり、それをみれば簡単に分かる)プライバシーとは関係ありません。なぜなら、放射線従事者になっていたかどうかの情報と、あとどれだけの累積被曝があるかだけで良いのですから。半ば強引な疫学調査を片方ではやっているのと、全くバランスがとれないと思えます。福島の方々も疑いようもなく、おなじ調査の対象者です。(もちろん、補償とセットで)

 さて、冒頭の毎日の記事。何気ないことが書かれていますが、我々開業医にとっては見逃せない情報が入っています。

8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。
 体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく


・事前の健康診断(おそらく7月でしょう)では、白血球数の異常がなかった。
体調を崩して、急性白血病と診断された

 この診断の過程が不自然に早過ぎるのです。なぜ、我々医師がなかなか白血病を診断できないか。それは、白血球数などそれほど定期的には調べないからです。たとえば、風邪などの体調不良を訴えて来られた方がいたとしましょう。もしかしたら、白血病かもしれませんが、我々開業医はまず血液検査などはしません。
 なぜか。

風邪の患者ごとに血液検査をしていたら、疑いようもなく明らかな過剰診断であり、早晩社会保険の監査がはいり、保険医療機関としての免許取り消しになるからです。これは100%間違いありません。

 どの患者さんに、どの検査をするか。それが一番難しいのです。全員にすればもちろん確実ですが、そんなことをすれば日本の保険制度は崩壊してしまいます。血が止まらない。という訴えがあればもちろん調べますが、それでも血液を止める働きの血小板が減っていたり、凝固機能に異常があることは非常にまれで、次回受診の時には「先生、良くなりました。」と言われることがほとんどなのです。

 採血をすれば、白血病と診断することは、どんな医者にもできます(一部難しいのもあります。もちろん)。しかし、採血をするかどうかを決断するのが一番難しいのです。

 では、この記事を見てみましょう。体調不良(どのような臨床症状か書いてはありませんが)程度ですぐに血液検査をしているところが、私には大変不思議です。上記で述べたように、体調不良などの症状では、普通は血液検査など行わないからです。こういった体調不良を訴えた人全員に血液検査を行っているとすれば、その心当たりがあるからとしか思えません。(最初に診断を下した医師は、どこの医師でしょうか?医師を匿名にする必要はないと思います)-ですから、最初の臨床症状を公開するのは非常に大事なのです。紫斑などが出ていたり、歯茎が腫れたりしているとすれば、過剰検査ではないでしょう。もちろん。
 また、その場で血液検査結果が出るような体制がすでに組まれている(このような機械は、簡易的なものでも数百万円します。内科の医院でおいてあるところはそれほど多くはありません。-私の医院にはありません)のでしょう。

なぜ、原発作業とはまった関係ないと言い切れるのに、体調不良ですぐに血液検査をしたのか

そこに大きな疑問があります。体調不良があれば、原発作業員は全員血液検査をすると言うわけですか?そうだとすれば、その理由はなぜですか?

私が情報を開示していただきたいことは次の通りです。
・放射線従事者登録の有無。登録されているとしたら、その累積被曝線量
・一次診断を下した医師名と、その血液検査結果(病院の医師はむしろ必要ありません)
・できたら、福島で働く前の居住地(これは、プライバシーで拒否か)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント