fc2ブログ

記事一覧

誰が為にチェルノブイリの鐘はなる



こんな影像があったことを知りませんでした。旧ソビエト連邦の映画監督シェフチェンコが命がけでフィルムに収めたチェルノブイリ原発事故直後のドキュメント映画を30分くらいにまとめて1990年にJNNで報道したものです。すぐに影像が削除される可能性が高いので、掲載しておきます。(一部に衝撃影像があります)

このビデオの中で語られていることと同じことが、今、日本で起きています。チェルノブイリのような大事故が起きても、あれから25年の月日が経っていても、何も改善されたいなかったことがよくわかります。それは、本当に責任をとるべき人たちが全く罪に問われなかったからだと思います。
福島原発事故の責任はだれが取るのでしょうか?


1990年に放送された。旧ソ連の映画監督、ウラジミール。シェフチェンコが事故直後からチェルノブイリに入り撮影した記録映画。シェフチェンコ自身も被爆死を遂げるが、有志が映画を完成させた。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント