fc2ブログ

記事一覧

仲秋の名月

曇り空で満月が見られなかった方のために


9月30日は、「仲秋の名月」が見られる日のはずでしたが、関西は台風の接近にともない午前中から雨が振り出し、午後は暴風雨となりました。夕方までずっと強い風が吹いていましたが、それでも私にはなぜか夜にはお月見ができるに違いないという根拠の無い確信がありました。月見団子の準備もばっちりですから、少しでも月が観たいと思っていたのです。

夕方5時半を過ぎる頃、低くたれ込めていた雲の一部分に赤みが差しているのに気がつき、窓を開けてみると、風もだいぶ収まり、西の方の雲の間から小さく青空がのぞいていました。夕焼けです。

西側以外の雲はまだ厚く重く空を塞いでいましたが、夕食後の9時近くになって、息子と近くの店に買い物に出かけました。東の空が開けた場所に来たとき、空を見上げると、一瞬、雲の間から月が顔をだしました。





そこからお店に入るまでの10分間ほど、月はこんな姿でずっと姿を見せていてくれたのですが、お店から出てくるとすっかり雲の中に隠れてもう見えなくなってしまいました。


そして、10時過ぎにベランダから空を見ると、また雲間から美しい姿を見せてくれました。ずっと月輪が出ていたのですが、私の800万画素の携帯のカメラには写ってくれませんでした。でも、美しいでしょう?











そして、これは日付が10月1日に変わった深夜1時半頃、月はどうなっただろうと急に気になって、ルーフバルコニーに出てみました。空はすっかり晴れ渡り、やや西よりの南の高い空に燦々と輝く月がありました。

そして、月から光が送り出されるのがわかりました。
意識的に光を放っているのがわかりましたので、携帯で写真を撮りました。

不思議なのは、撮る度に月の色が変わるのです。写真は無修正のまま掲載しています。


        1時36分
        最初は緑色の光




1時37分 次は薄いラベンダー色の光




その後、少しアップにして続けて撮りました。


きれいなアクアマリンのような薄い透明のブルーの光





薄いミントグリーン





殆ど白のダイヤモンドのような光





最後に撮った写真、様々な色が入って虹のような光が入りました。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント